不用品の処分で気を付けること

不用品の処分で気を付けること

不用品を処分する前にまずは、必要なものか、不要なものかを分けることから始めます。普段あまり使わない無駄に場所をとっている不用品は、すっきり片づけたいですよね。
でも、なんとなく捨てられない、もったいないなど思い切って処分ができない人も多いと思います。いらない物を片付けて、部屋がすっきりすると心も軽くなるかもしれません。

不用品の片付けのコツ

最初に分類から始めます。
明らかにゴミである物、手持ちにとっておく物、どうしようか迷っている物の3種類に分類します。
ここで、ゴミ袋、段ボールを用意しておくと作業が楽になります。

まずは、目につく大きめの物を片付けます。
例えば、家具、布団、電化製品などです。比較的いるかいらないかの判断がつきやすいと思います。
次に洋服、本、小型の家電製品ですが、洋服や本は捨てる、捨てないの判断に時間がかかりやすいので悩んだときは後回しにします。

まだ使えるしと考えていても1~2年以上使っていないなどであれば捨てると判断をしていくことです。
もちろん、どうしても捨てたくないと思うものもあるので、無理に捨てることはありません。
使えそうな家電や家具などは、リサイクルショップに持って行くということもできます。
品物が多くても出張買い取りサービスなどを利用すれば自宅まで来てもらえます。
洋服や本であれば、図書館や施設団体へ寄付するという方法もありますので、確認してみましょう。
家電製品の買い替えであれば、量販店のサービスで古い製品を引き取ってくれる場合もありますので検討してみてください。

大型ごみは、粗大ごみです

箪笥、ピアノ、冷蔵庫、タイヤ、バイクなどは粗大ごみになります。
各地域や自治体に粗大ゴミ受付センターがあると思います。事前に申し込みをしておくと有料で粗大ごみを回収してもらえます。
値段は、ホームページや電話で確認できます。
ただ、すぐに片付けられることはできませんので不用品回収業者に頼むことも検討してみてください。
事前に見積りを出してくれるしっかりした業者であれば、粗大ごみだけでなくその他の不用品も回収してくれるかもしれません。
不用品回収業者に相談してみるのも良いでしょう。

不要品の処分を自分でやろうとするととても大変ですが、不用品回収業者に任せれば、大きな粗大ごみもラクに片付けてくれます。
近年では不用品回収業者を利用する方が徐々に増えてきています。

不用品の処分は手間や時間がかかりますが、ただ捨てるのではなく有効な処分方法があることを知っておきましょう。

不用品回収の注意すべき点

不用品回収業者のなかには悪徳業者も事実存在するので注意が必要になります。
ポスティングチラシなどを見て無料で不用品を引き取ると書いてあったので頼んだところ、あとで、処分するのに費用がかかるとお金を請求されたりすることがあります。
ちゃんとした回収業者であれば事前に見積もりをとり、「費用はいくらかかります」について説明があります。
不用品回収の流れや費用についてしっかり説明してくれる業者であれば安心です。
また、「高価買取」とチラシに書いてあったとしても、実際に担当者が訪れて、この品物は買取ができない、回収する場合○○円かかると言われるケースもあります。
不用品を買取してもらえるのはうれしいですが、宣伝の良い部分だけを信用してはダメだということです。
不用品回収業者を選ぶ時は、公的な証明書を持っている、許可を受けている業者を選ぶと安心して頼むことができます。
必要な「一般廃棄物処理の許可」「自治体からの委託」などを受けているかがポイントです。
さらに、不用品を買取りしてもらう場合には古物商の許可が必要になってきますので確認しましょう。
無許可で営業をしている業者は不当な請求を出してきたり、不法投棄をしていたりする可能性もありますので注意してください。
不用品回収業者を選ぶ時は、前もってちゃんと見積もりを出してくれるか、領収証の発行をしてくれるのかもしっかりチェックしてください。
いい加減な見積もりだったり、領収書の発行をしぶる業者は悪徳業者の場合があるので注意してください。
不用品の処分は、それぞれの地域や行政に頼むこともできますが、事前に連絡をして申し込みが必要だったり、日にちがかかったり数に制限があったりとなかなかすぐに片付けられません。
民間の不用品回収業者に頼むと手間もかからず便利です。しかし、すべて買取してもらえるわけではないので事前に確認をしておきます。

不用品の処分を行うためには、安心してお願いできる不用品回収業者を見つけることが大切です。